【6.2 分からないとダメな人】
0

    特に意味のない写真。

    毎日稽古してます。爽やかさのカケラもないお芝居を、稽古してます。いや、ある意味、むしろかなり爽やかなのかも知れないけど。

    演出の都さんから、今日「お前は意味わかんないで喋ったら駄目な役者なんだからな」と言われ、今回もいよいよ駄目出し始まってしまった…と思った。

    「よく分かってないんだろうけど何か良いって人もいるけど、お前は分かってないでやってるとワーッとなってるだけになるんだから」

    はい。重々承知してます。いつも都さんには「快速電車かお前は」と怒られるのですが、また同じようなことを言われてしまった。成長しなければ、そろそろさすがに。

    快速…とは、意味を伝えるためにタップリやれなんてそんなダサい意味ではなく。ちゃんと前後の状況やら関係性やら踏まえて相手の反応を受けたら、もっとずっと豊かな表現になるとこだろと、そういうことです。

    今の各自が抱えている障害を都さんはクッキリ伝えてくださるので、今まず何を努力すればいいかとても分かりやすい。相手のタイミングを見てその伝える作業をしてるのがすごく分かる。

    都さんは音楽やってきた人なので、本番前にはいつも皆に「ロックしよう」と言うのだけど、演出してる姿そのものがセッションしてる感じです。学ぶことだらけです。

    というわけでまずは、きちんと色んなことの意味を明らかにして、自分がなぜこう行動するのかの理由をしっかり落とし込むこと。うわあ、書いてて、当たり前過ぎて引く。

    がんばろ。おやすみなさい。
    | 小叉ぴろこ | From 携帯 | 00:05 | - | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 00:05 | - | - | - | - |