スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    【11.27 意気込みの覚書】
    0
      ささやかな良いことがありました。

      それが少し落ち着いたところで改めて周りを見渡したら恐ろしくなった。

      自分の怠慢が至るところに見えてきて恐ろしくなった。

      他人がどう見ようと自分がサボったことは自分が知ってる。

      やりたくてやってることをサボったことなんてないけど努力限界じゃなかったことはある。

      そこを見つめるのを避けていた自分の寂しさと心弱さ。

      本当に本当に恥ずかしいし嫌で吐きそうになった。

      とても久しぶりに自分の中のバランスが整って曇ってた眼が晴れたようなのです。

      まず今週末の一人芝居はその吐き気がするような嫌さをどこまで叩き潰せるか残り少ない時間の中だけど闘う。

      ああしようこうしようがきちんと浮かんできていてただ焦ってる状態ではない。

      そのバランス良い状態の自分を大歓迎して一緒に前に進みたい。

      これから先のことに改めて立ち向かおう。

      今こそ欲しいものたちを本当に手に入れる旅に出かけられるような気がする。

      例えば壮大なことで言ったら愛と平和とかさ。いや本当、例えばの話。
      | 小叉ぴろこ | 生活 | 09:44 | - | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 09:44 | - | - | - | - |