【12.26 クリスマス女子デート】
0


    このままではクリスマスケーキを食べっぱぐれる!と思い立ち、25日の夜8時に7millionsのカメラマン詩乃に連絡。

    死にそうに暇だったらでいいから今から鶏とケーキ食べない?との誘いにフットワーク軽くやってきてくれる彼女が私は大好きです。

    なわけで鶏のもも焼きが食べられる店に行こうかとお店物色してたら、望みが叶いそうな店を発見。

    ビル入口でお店のお兄さんが空席ありますよと愛想良く応じてくれたものの。

    もっと空いてる支店があるのでそっちはどうかとありがちな提案があり、まあいいかと頷いたら今度は何やらぐしゃぐしゃとカードに書き込み始め、それを渡すからこの場で千円払ってお店へ行って欲しい、お店に入ったらすぐ千円は戻ってくると言う。

    もちろん、面倒臭いからやめたと断って別のお店へ行きました。慌てて千円いらないですとか何とか追いかけて来たけど無視。

    あれ、応じる人いるのかしら。別のお店に逃がしたくないならお兄さんがついてくればいい。千円払えとは随分お客さんを見下げた態度だと思う。お兄さんは悪くなくてお店の方針なんだろうけどさ、この物騒な世の中だもの詐欺かと疑う方が普通だ。

    しかもクリスマスだぜ。私たちのクリスマス気分を害する権利なんてないはずだ。

    と、そんなことがありましたが、街をぷらぷら歩いてるうちにすっかり楽しくなって、女子会向けなお店で無事にクリスマス女子デートしました。

    秘かにごくごく手軽なクリスマスプレゼントを用意してたのだけど、そしたら先に詩乃ちゃんからプレゼントくれて、プレゼント交換な感じだった。クリスマスらしい光景。

    詩乃ちゃんとは年内会えなさそうなので、別れ際は一応、良いお年をと言って手を振った。

    詩乃ちゃんが私の電車が出るまでずっと手を振ってくれてて、私もずっと手を振っていた。

    良いお年を。

    いい挨拶だなあ。
    | 小叉ぴろこ | 生活 | 13:45 | - | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 13:45 | - | - | - | - |