スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    【3.25 衝撃の初稽古】
    0


      最初に言っとくけど今日のブログは長いです。

      昨日、7millionsの稽古にてサプライズ誕生日祝いをして貰いました。

      いや、ね。誕生日過ぎたばかりの自分のホーム団体の稽古ならね、まあサプライズ来るなと思うのが普通です。

      で、私もまあ、ある程度予想した上で稽古場に入ったわけです。

      その昨日はなんと、次回公演の初稽古。そして桜が満開。桜咲く公演内の稽古場で、詩乃が先に来て待ってました。



      脚本第一稿も、ちょっと一部が間に合ってないながらもまあ、ひと通りラストまでお渡し出来て。

      まあ、誕生日のことも少しあったけど、脚本みんなどう思うかなあというドキドキワクワクが私の脳味噌の95パーセントを占めてたわけです。

      主宰の鷲尾が初稽古だってのに30分弱の遅刻だというので、時間通りにキッチリ集まってる客演の皆に、とりあえず脚本に目を通して貰う。



      1時間過ぎても来ない鷲尾。

      少しずつ空気が悪くなる稽古場。

      脚本の楽しさでそれを凌駕出来ないものか…やっぱ無理か…ですよねそこまで面白くないですよね…とオロオロする私。

      もう一度電話してみたらどうですかと私にプレッシャーをかける客演の三名。

      慌ててかけてみるが、鷲尾は出ない。

      今度の芝居の主役である額賀が、鬼電しましょうかと鷲尾に再度電話をかけると、繋がる。が、向こうの声がないという。

      なんとなく、モヤッと不安になる稽古場。

      額賀が再度かける、次になる(田中氏)がかける…と、そこで、繋がった電話口からサイレンの音がするという。

      集まり話し合う、客演の男三名。

      冷静に状況を見てる風な詩乃。

      どうしたらいいか分からずプチパニックな私。

      ゴンちゃん(中山氏)が、とりあえず手分けして直人が来そうな道を探しましようと言い、詩乃が一人で稽古場に残りますと言う。

      オロオロしながら男性陣についていこうとしたら、詩乃が「ぴろこさん、上着着てかないと寒いですよ」と気が付いてくれる。

      詩乃の隣で上着を着ながら「何だか…ドッキリみたいだよね…」とか言ってみる。

      無言の詩乃。

      あぁこんなときに最低なことを言ったと自己嫌悪に苛まれながら稽古場を出る私。

      稽古場の前から各自バラバラと散って、私はなるに駅へ向かってと言われ、とりあえずトボトボ向かう。

      鷲尾と初めて一緒にやった舞台のこととかを思い出しながら半泣きになって歩く私。

      そこへ、なるから、額賀が直人を見つけた、とりあえず意識はあるらしいけど、急いで稽古場に戻ってと言われる。

      小走りで戻る私。

      稽古場に入ったら、思ったより靴が少ない。ゴンちゃんが暗い顔で、額賀が救急車に一緒に乗ったらしい、まだ詳しいことは分からないと言う。

      詩乃が、なんか鼻をすするような感じの音を出している。

      何も言えなくて、心細くて子供みたいに右手が口元から離せなくて、ただ立ち尽くす私。

      いきなり詩乃のiPhoneからよくわかんない曲が大音量で流れる。

      びくっとして、なんて空気を読まないのかと眉をひそめ「びっくりした」と言ってみる。

      よく、聞くと、曲の中に「バースデー」の単語が聞こえる。

      稽古場の給湯室のドアが開いた音に続き、鷲尾の「ハッピーバースデー」の声がする。

      崩れ落ちる私。







      …長くなりました。

      初読み合わせ、めっちゃ面白かったです。我慢出来なくてお腹ヒクヒクさせて笑いました。

      主宰であり演出でありサプライズ首謀者のこの人のこの顔を見れば分かる。



      稽古後、飲みました。



      客演のみんなが、脚本を本気で読みたかったのにサプライズの指令でそれどころじゃなかったのだと、面白い芝居になりそうだ頑張ろうと、言ってくれました。

      すっごい初稽古でした。

      みんな……

      バーカ!!!!

      ありがとう。

      7millionsの次回公演「イキガツヅケバ」、ご期待ください。

      ↓公演ページ
      http://7millions.net/?page_id=1818
      | 小叉ぴろこ | 芝居 | 21:42 | - | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 21:42 | - | - | - | - |