【4.24 今だけのお腹を撮った】
0


    ナナミリオンズの詩乃が、いわゆるマタニティフォトというものを撮ってくれました。

    役者友達が撮ってるのをこれまで何人か見たことがありまして、その度にそれぞれ「彼女らしいなあ素敵だなあ」と思っていたのです。

    なので、妊娠が判明してから割とすぐ「詩乃に撮って貰おう」と秘かに思っており、良きタイミングを見計らって話を持ちかけ快諾して貰いました。

    出来るなら、私のただの記念写真に止まらず、詩乃が自分の作品の一つとして撮ってくれたらと思って、どんな風に撮りたいかを二人で打ち合わせ。

    ポップな感じとかフワフワしたメルヘン系とか、素敵なの色々あるけど自分ぽくないなーと思ってることを話したら、詩乃が「例えばこんなのとか」と見せてくれたモノクロセミヌード(手ブラしてる)の写真がとても格好良くて。

    「これやりたい!手ブラする!」と即決したのでした(笑)。

    詩乃がブログ(http://d.hatena.ne.jp/utano0917/touch/20150422/1429703373)にアップしてくれてたアレンジ写真も載せちゃおう。





    自慢の写真になりました。詩乃に心から感謝です。



    撮影後、恵比寿にある高知の屋台の餃子屋さん(ややこしい)で打ち上げした。キューブリックさんに出演したときに連れてって貰って以来。美味しかった。

    ちょっとここのところ母が病気と闘っておりまして、今は私がなるべく毎日病院などに付き添いながら過ごしている日々の中、新たな生命の存在は私たち家族にとって大いなる希望です。

    一方で、今のうちに会っておきたい友人たちにあちこちで会ってあれこれ喋ってという日々でもありまして、子供を産むか産まないか産めるか産めないかなどについての話をする機会も最近多かったりします。

    「けれどもほんとうのさいわいは一体なんだろう」

    本当に、何だろ。

    母と手を取り合いつつ大きいお腹を抱えて、階段の手すりに掴まりながら駅のホームに降り、母娘二人で優先席にやっとの思いで辿り着きますと。

    どうかより多くの人が、よりその人らしい幸いを追うことが出来る、それを互いに認め合うことが出来る世の中であって欲しいと心から願ってしまう今日この頃です。
    | 小叉ぴろこ | - | 09:34 | - | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 09:34 | - | - | - | - |