【8.3 出会いと別れ】
0
    久しぶりの更新です。

    ブログを書けなかった間に、私の人生でとてもとても大きな、出会いと別れを経験しました。

    まず、息子が産まれてきてくれました。

    陣痛中に原因不明で赤ちゃんの心拍が停止し、超緊急帝王切開と決定した15分後には出産していたという、なかなかすごい体験をしました。
    病院スタッフの皆さんのおめでとうございますの声を聞きながらも、赤ちゃんの産声が聞こえないことに不安でいっぱいだった出産でした。。
    その後も赤ちゃんはNICUに二週間入院など、あんまり無事とは言えない誕生ではあったのですが。
    退院した後は、あの仮死状態の誕生は何だったの?という勢いで息子は元気にすくすく育っており、私も順調に回復し、毎日賑やかに楽しく過ごしています。

    そして、息子が退院した日のちょうど一ヶ月後の朝、私を生み育ててくれた愛する母親が他界しました。

    二年以上がんと闘い、しんどい局面もたくさんありましたが、最後は緩和ケア病院で穏やかに過ごせたのが私たち家族にとっても救いになりました。
    去年の春、担当の先生に母が「娘に子供が生まれるまでは生きなきゃいけないんです」と話した際、先生から「予定はいつなんですか」と尋ねられて、その頃なんの兆候もなかったのに「来年です」と言い切ったという話がありまして。
    その時は「何の根拠もないのに〜」と笑い話だったのですが、なんとその言葉通り妹が第二子を授かり私にも初めての子がやってきて、母は産まれて初めての育児に必死の私をきっちり一ヶ月見守ってくれ、最期を迎えました。
    そんな母から産まれたことは私の誇りです。

    息子から誇りに思って貰えるような母になれるのか、これから長い挑戦。
    前向きに、笑顔で、一つ一つ大事に取り組んでいこうと思います。

    このブログの更新を、いつも母は心待ちにしてくれていました。

    今日は母の初七日。
    どうか母の新たな旅路が平和でありますように。
    神様なのか仏様なのか、とにかくどうかうちの母をよろしくお願いします。
    残された私たち、しっかり頑張っていきますので、どうか。



    | 小叉ぴろこ | - | 23:26 | - | - | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | スポンサードリンク | - | 23:26 | - | - | - | - |