スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    【オワリノノートの終わり】
    0
      12/9に1ステージだけ上演された「ホハバヲアワセ」のサイドストーリー「オワリノノート」。

      遅くなりましたが、無事に終演いたしました。応援くださった皆さま、関係者の皆さま、本当にありがとうございました。

      5年ぶりの舞台ということで、どうなることやらと思っていましたが、想像以上に大変だったけど想像以上に楽しい体験でした。

      普段は基本的に専業主婦なので夫以外に預け先がない私にとって、子ども2人にどう対処して現場をこなすかが最大の難問で。

      娘をおんぶしながら立ち稽古したり、息子を関係者に遊んで貰って場当たりしたり、今思うとよくやったなという感じ。

      いつものことだけど今回はとりわけ、周りの人たちのおかげでやっとこさ舞台に立てました。感謝しかないです。

      そして芝居やってみてどうだったかというと、今まで感じたことのなかった楽しさがありました。

      以前は自分の中にある空白を埋めるのに必死だったような記憶があるのだけど、今回は自分の中に満ちているものを取り出してみせる感覚でいられたり。

      おばあちゃん役だったので、小学生で終戦かとか、高校生でテレビ放送開始して、子どもがヨチヨチしてる頃に東京タワーが出来て…なんて調べるのが心底楽しかったり。

      あくまで自分の感じとしてはね、これって大根みたいだな!と思いました。

      今まではいくらグツグツ煮ても味が染みないしシャキシャキ感が残ってたんだけど、火を止めてしばらく置いてから温めてみたら、中まで味が染みて柔らか〜く煮えてた!みたいな。

      まさに大根役者。笑。

      しかしまあその楽しさも、脚本あって演出あって装置や灯りや音があって、ご覧くださったお客様あってこそでした。

      つくづくありがたかったなあ…本当に幸せでした。

      ご覧くださった方々の胸の中に、少しでも何か動くものや引っかかるものがありましたら、本望です。

      なんだか夜中にダラダラと書いてしまいました。お恥ずかしい。

      最後に、こんなしょーもない母によく付き合ってくれた子どもたちの写真を。


      稽古場にて、娘。


      劇場近くのれんが坂にて、息子。

      またしばらくは多分、育児に没頭して、舞台は少し遠くからちょこちょこお手伝いという感じになるかと思いますが。

      改めて舞台の素敵さを噛み締めてしまいましたので、きっとまた懲りもせず戻ってくることかと思います。

      ではでは、また。


      | 小叉ぴろこ | - | 22:15 | - | - | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | スポンサードリンク | - | 22:15 | - | - | - | - |