【8.30 日常に求められる演技的なもの】
0


    引き続き、育児ばかりしています。

    でもね、もうすぐナナミリオンズのチラシレイアウトというお仕事が入ってきます。

    写真撮影は順調にスタートしたようで、受け取るのが楽しみです。

    むふ。

    そんなこんなでお芝居とはなかなか距離が出来てはいますが、子育てを中心とする日常の中には、しばしば演技のようなものを求められます。

    例えば今日のことなんですが。

    最近、甘えの延長だとは思うんだけど噛みつき癖&つねり癖が出てきちゃった息子。

    どちらも加減を知らないから結構痛いし、お友だちにやり始めたら大変なので、きちんと対応しておかねばと思っていたところ。

    乳幼児のイタズラには叱るよりも心の言葉で伝える、つまり「お母さんはこんなことされて困ったよ」とか、そんな風に気持ちを伝えていくと良いというのを読みまして。

    なるほどと納得し、早速実践したわけです。

    お風呂上がりにミルクをあげていると、息子がいつものように私の二の腕をギュウッとつねり上げたので、悲壮感たっぷりめに。

    「うわあああっ!痛いっ!お母さんつねられたところ痛いっ!!」

    息子、ギョッとした後、かなりの勢いでギャン泣き。

    「ね、お母さんが痛いと息子くんも辛いでしょう、だからやめようね」

    と抱き締めて良い子良い子して。

    その後、懲りずに2、3回つねりかけましたが、「痛っ…」と泣く気配を見せると息子も泣きそうな顔をして途中でやめてくれました。

    うむ、予想以上の効果。

    このまま、癖がどちらも治ってくれたら、素敵なんですけどねえ。

    まあ、そううまくはいかないのかな。

    と、そんな今日この頃なのでした。

    明日で8月も終わりですね。

    夏の終わりって、特にわけもないのに切ないものですなあ。

    それではまた〜。
    | 小叉ぴろこ | - | 21:15 | - | - | - | - |
    【8.3 二度目の夏】
    0
      梅雨が明けて、夏が来ましたね。

      私は毎日ひたすら育児しています。



      仕事してなくて、家事と育児だけなら、劇団のことちょっとは出来るかもなんて思ってたこともありましたが。

      まあ、とんでもなくなめてましたね、育児というものを。

      でも、それで抑圧されているかというと、私の場合はそんなことはなく、息子の成長に日々感動しながら楽しんで生活しています。

      たまには人並みに色々溜め込むこともありますけど、それも一応人並みに発散できている感じです。

      そんな、母になった二度目の夏。

      それは私の場合、同時に、母を亡くして二度目の夏でもあります。

      先日、高知で一周忌を終えてきましたが。



      まだまだ全然、母の不在には慣れやしません。

      母の作ってくれた料理を作っては、心の中で「お母さーん!」と呼びかけて涙ぐむ。

      駅の階段の手すりを握っては、母の病院通いに一緒に手を繋いで歩いたことを思い出す。

      また何年かは、こんな感じが続くのだろうと思うし、これがなくなってしまうことも切なすぎて受け入れられない気がしています。

      もうすぐお盆なので、母をまた近く感じられるかも知れないのが嬉しいです。

      さて、自分のことはいい加減これくらいにして。。

      先週末、ナナミリオンズのミーティングに参加してきました。

      息子を連れて行ったのですが、もうすっかり自我が目覚めてしまった息子、退屈だとわめきまくっててんてこ舞いでした。

      その息子を必死になだめての参加でしたが、それでいてミーティングに大して役に立っているわけでもない自分が、もう情けないやら何やら、いやはや。

      でも、次回公演の中身を少し覗けて嬉しかったです。

      鷲尾が、彼の持ってるものありったけをぶつけて作る新作、ワクワクします。

      ナナミリオンズのホームページに、そんな次回のお知らせ第一弾が更新されましたので、良かったらチェックしてみてください。

      詩乃が撮った、鷲尾となるいちの写真が、なんかすごく好き!



      ★お知らせ第一弾はこちら★

      …あっ!そうそう!

      先月は、危婦人さんの公演の、パンフ掲載座談会に参加したり、アフタートークにも出たり、したんでした!

      「カサブランカの、夢」という作品でした。

      ホームページはこちら♪

      危婦人さんに昔出演させて頂いてから一体何年経ったのか…考えたくない…(笑)。

      それでもこんな私を忘れず声かけてくださったことに、感激した出来事でした♪

      それでは、皆様にとって最高な夏が訪れますようにー!

      またー!!
      | 小叉ぴろこ | - | 22:14 | - | - | - | - |
      【5.14 あてもなき稽古】
      0

        稽古したんだーって話をしたいんだけど写真撮りそびれたから、稽古後に家族で代々木公園に行った写真。今日天気良かったですよね。

        で、ね。稽古したのです。えへ。

        0歳の息子がいる私が、お芝居の稽古をするってね、これなかなかハードル高いことです。

        それがなんと、稽古場に息子を連れていき、息子はその辺でハイハイさせながら、しかも私が出番の立ち稽古では他の方が息子を見てくれての、稽古。

        女優が集まってあてもなく稽古する会、というものだったんだけれども。

        揃った女優さんたちがこれまた、素敵でさ。

        自分のへぼさに内心じたばたしまくりながら、稽古したよね。

        次もまたやりたいねって話なので、次回はもう少し…少しじゃ足りないんだけど…相手から受け取りたい…そして影響されたものに揺さぶられて自由でいたいなあぁ…。

        そんな気持ちを久しぶりに味わって、やっぱりお芝居ってたまらんなとつくづく思った、よき日でした。

        さて、明日はナナミリオンズの会議。

        愉快な話をしてきたい。
        | 小叉ぴろこ | - | 23:30 | - | - | - | - |
        【5.1 ミーティング】
        0

          ナナミリオンズのミーティングでした。

          子連れでGO。

          やっぱりなんだか、彼らに会うと、自然とお芝居スイッチ入るんだなあ。

          うずうずしてしまうのですよ。

          毎日子育てに追われてすっかり隠れていたものが、しかし消えずにしぶとく残っていることを教えてくれる。

          面白いお芝居作りたいなあ。

          色々難しい状況ではあるけどなあ。

          手放したくは、ないんだなあ。
          | 小叉ぴろこ | - | 22:55 | - | - | - | - |
          【3.9 イツデモココニ初日】
          0
            ナナミリオンズ、「イツデモココニ」初日です。

            今日ゲネプロ見てきました。
            実はやっと通したものを見られたのです。
            なので本っ当に今更ですが久しぶりにブログ書きます。

            鷲尾らしい作品で、なんというか偉そうな言い方になりますけど、心から応援したくなる内容でした。
            もちろん若さがありますし一作目の粗さは否めないですけどね、でも私、プッと吹き出した瞬間もありましたし泣けた瞬間もありましたので。
            なんだかんだ言っても、心が動けばオーケーじゃないかと、そう思います。
            http://7millions.net/?page_id=5203

            よろしかったら是非、今週末は下北沢の小さな劇場へ。
            ご予約はこちらからも承っておりますです。
            https://www.quartet-online.net/ticket/itsudemokokoni?m=0ccihje

            金曜マチネと土曜マチネには、終演後の劇場周りに子連れでチョロチョロしております。
            見かけたら、知り合いじゃなくたって、良かったら声かけてください。

            では、生まれて初めて稽古場というものを目撃した息子の写真でさよならします。



            ごきげんよう。
            | 小叉ぴろこ | - | 22:04 | - | - | - | - |
            【12.14 産んで半年、再会】
            0






              昨日、7millionsの面々に再会。

              次のブログはこの記事にするって決めていたのです。

              思ったより時間がかかってしまいました。







              詩乃にはもうちょい早くから会えていまして、こんな寝相アートで遊んだりしていました。あは。

              7millionsのミーティングの場に向かう間、ワクワクソワソワしてこそばゆくて、あ〜私ってこんなにあの人たちのこと好きだったのかという感じでした。

              でも再会したら、結構会ってないはずなんだけど昨日もミーティングしてたみたいな感覚もあって。

              変な感じでニヤニヤしっぱなしでした。




              7millionsは動いています。

              もうじき新しいお知らせができる予定で、私も乳飲み子を抱えつつ(笑)作業していたりもします。

              むふ。



              そんなこんなで、今日で出産してちょうど半年です。

              つまり息子が生後6カ月。

              生まれた時はどうなることかと思わされましたが、どうにか今のところ元気いっぱいだし笑顔満開です。





              子育ても全力、でも自分のやっていきたいことも忘れずに全力でやりたいです。

              子供がいい歳になったとき、その自分のやっていきたいことの蓄積が、モノを言うような予感がするのです。

              今日も楽しく元気に頑張ろう。

              明日も明後日もずっと。




              あ、そうだ!

              去年客演した「夕焼けの歌」という舞台の、作演出の川口さんが、なんと小説を出版なさったのです!



              「コーヒーが冷めないうちに」サンマーク出版さんから、あちこちの書店で本当に好評で発売中!

              http://www.sunmark.co.jp/sp/book_profile/detail.php?cmn_search_id=978-4-7631-3507-0

              出版前から重版かかったりして、かなり波が来ています!

              「4回泣けます」がキャッチコピー。

              私はさすがにまだ小説を読める時間がとれなくて…でも時間とれたらまずやりたいことが、この小説を読むこと。

              出版当日にサイン貰ったサイン本を宝物として大事にしまっています。

              是非お手にとってみてください!



              それでは、次は7millions次回公演のお知らせかな。

              またっ!
              | 小叉ぴろこ | - | 13:38 | - | - | - | - |
              【8.3 出会いと別れ】
              0
                久しぶりの更新です。

                ブログを書けなかった間に、私の人生でとてもとても大きな、出会いと別れを経験しました。

                まず、息子が産まれてきてくれました。

                陣痛中に原因不明で赤ちゃんの心拍が停止し、超緊急帝王切開と決定した15分後には出産していたという、なかなかすごい体験をしました。
                病院スタッフの皆さんのおめでとうございますの声を聞きながらも、赤ちゃんの産声が聞こえないことに不安でいっぱいだった出産でした。。
                その後も赤ちゃんはNICUに二週間入院など、あんまり無事とは言えない誕生ではあったのですが。
                退院した後は、あの仮死状態の誕生は何だったの?という勢いで息子は元気にすくすく育っており、私も順調に回復し、毎日賑やかに楽しく過ごしています。

                そして、息子が退院した日のちょうど一ヶ月後の朝、私を生み育ててくれた愛する母親が他界しました。

                二年以上がんと闘い、しんどい局面もたくさんありましたが、最後は緩和ケア病院で穏やかに過ごせたのが私たち家族にとっても救いになりました。
                去年の春、担当の先生に母が「娘に子供が生まれるまでは生きなきゃいけないんです」と話した際、先生から「予定はいつなんですか」と尋ねられて、その頃なんの兆候もなかったのに「来年です」と言い切ったという話がありまして。
                その時は「何の根拠もないのに〜」と笑い話だったのですが、なんとその言葉通り妹が第二子を授かり私にも初めての子がやってきて、母は産まれて初めての育児に必死の私をきっちり一ヶ月見守ってくれ、最期を迎えました。
                そんな母から産まれたことは私の誇りです。

                息子から誇りに思って貰えるような母になれるのか、これから長い挑戦。
                前向きに、笑顔で、一つ一つ大事に取り組んでいこうと思います。

                このブログの更新を、いつも母は心待ちにしてくれていました。

                今日は母の初七日。
                どうか母の新たな旅路が平和でありますように。
                神様なのか仏様なのか、とにかくどうかうちの母をよろしくお願いします。
                残された私たち、しっかり頑張っていきますので、どうか。



                | 小叉ぴろこ | - | 23:26 | - | - | - | - |
                【4.24 今だけのお腹を撮った】
                0


                  ナナミリオンズの詩乃が、いわゆるマタニティフォトというものを撮ってくれました。

                  役者友達が撮ってるのをこれまで何人か見たことがありまして、その度にそれぞれ「彼女らしいなあ素敵だなあ」と思っていたのです。

                  なので、妊娠が判明してから割とすぐ「詩乃に撮って貰おう」と秘かに思っており、良きタイミングを見計らって話を持ちかけ快諾して貰いました。

                  出来るなら、私のただの記念写真に止まらず、詩乃が自分の作品の一つとして撮ってくれたらと思って、どんな風に撮りたいかを二人で打ち合わせ。

                  ポップな感じとかフワフワしたメルヘン系とか、素敵なの色々あるけど自分ぽくないなーと思ってることを話したら、詩乃が「例えばこんなのとか」と見せてくれたモノクロセミヌード(手ブラしてる)の写真がとても格好良くて。

                  「これやりたい!手ブラする!」と即決したのでした(笑)。

                  詩乃がブログ(http://d.hatena.ne.jp/utano0917/touch/20150422/1429703373)にアップしてくれてたアレンジ写真も載せちゃおう。





                  自慢の写真になりました。詩乃に心から感謝です。



                  撮影後、恵比寿にある高知の屋台の餃子屋さん(ややこしい)で打ち上げした。キューブリックさんに出演したときに連れてって貰って以来。美味しかった。

                  ちょっとここのところ母が病気と闘っておりまして、今は私がなるべく毎日病院などに付き添いながら過ごしている日々の中、新たな生命の存在は私たち家族にとって大いなる希望です。

                  一方で、今のうちに会っておきたい友人たちにあちこちで会ってあれこれ喋ってという日々でもありまして、子供を産むか産まないか産めるか産めないかなどについての話をする機会も最近多かったりします。

                  「けれどもほんとうのさいわいは一体なんだろう」

                  本当に、何だろ。

                  母と手を取り合いつつ大きいお腹を抱えて、階段の手すりに掴まりながら駅のホームに降り、母娘二人で優先席にやっとの思いで辿り着きますと。

                  どうかより多くの人が、よりその人らしい幸いを追うことが出来る、それを互いに認め合うことが出来る世の中であって欲しいと心から願ってしまう今日この頃です。
                  | 小叉ぴろこ | - | 09:34 | - | - | - | - |
                  【3.1 見て欲しい映画の話】
                  0

                    公開日に観てきました。




                    ももいろクローバーz初主演映画「幕が上がる」。

                    ももクロちゃんが初主演なことはもちろん。

                    本広克行さんが監督、平田オリザさんの小説が原作、脚本はブルドッキングヘッドロックの喜安浩平さんと、もう魅力的過ぎる布陣。

                    キャストにも黒木華さんやムロツヨシさんと絶対素敵に間違いない顔触れ、何故か水曜どうでしょうの藤村Dも出演とか、何その楽しそうな映画!ってなわけで。

                    期待膨らませて行ってきて、想像通りボロボロ泣いて帰ってきました。

                    なのになんか、映画館まだまだ空席あるみたいなんですよね、納得いかない。

                    アイドル映画は冬の時代らしいですけど、青春映画としてきっと素敵な作品であるし、アイドル映画だとしてもすごいはずって思うわけでして。

                    …というのはもしかしたら、私がモノノフだから贔屓目で見てるのかも知れませんけど…。

                    でも、学生時代に演劇部やってた人なら絶対劇場で観て!!ってのは言い切れます。

                    そして懲りずにずっと演劇やってる人間として、すごく基本的なところに立ち返るところはやっぱりあるのと、不意にズキズキに襲われるポイントも結構ある。

                    他にもたくさん色々思うんだけどあんまりあれこれ余計なこと言いたくないので、とにかく行ってみて!っていうブログなのです今日は。

                    あっ、もちろん演劇なんて見たこともない方にも。恋愛が絡んでこない、いわゆる青春映画って、いまどきなかなかないじゃないですか。壁ドンとか、全然否定するわけではないのですが、そういう傾向のは多いでしょ今。そういうのじゃないんです。へぇーそんならちょっと覗いてみるかーくらいのテンションで行ってみて欲しいです是非。そして出会えるものが何か。体験してみて欲しいなあ。

                    うっかり語り過ぎないように必死な自分である…。笑。

                    また行く予定なんですけど、また違う印象で見られるだろうと二度目以降も楽しみにしてます。


                    そして伊勢丹にて生まれて初めてカットソーにこんな金額を出した…というカットソーを買ってしまった。結果ホワイトデーのプレゼントとして頂いたのですけど。あはは。ずっと大事に着よう。

                    ではまたっ。
                    | 小叉ぴろこ | - | 13:04 | - | - | - | - |
                    【2.25 女子会やら諸々】
                    0

                      先日、ナナミリオンズ前回公演「タダノヤサイダ」に出演してくれた女優たち&詩乃と、かなえちゃん(石川佳那枝女史)オススメの某イタリア料理店でいわゆる女子会をしました。

                      乾杯の際にあっきー(田仲晶女史)が「タダノヤサイ女子会に乾杯!」と勢い良く言い放ったのですが、恐らく周りのお客様や店員さんには「ただの野菜女子会」と聞こえただろうと思いまして。

                      ただの野菜女子会って果たしてどんな会だろう…その場合「ただの」はどこにかかっているのだろう…と、どうでもいいことをぼんやり思いながらみんなの楽しいお喋りをただ嬉しく聞いていました。

                      芝居の話なんて、したかしら。ひたすら、出てくる料理の美味しさについてと、次に頼む料理のセレクトについて。そこへ時折ラブ談義を挟むといった流れ。ああ、こんなの脚本にしてよって言われたものがあったなあ、ほろ酔いの詩乃が「ぴろこさんメモして!」と連呼していた。

                      終わってみても何ひとつ残らなかったような気さえする、それこそが女子会の醍醐味。男子に理解されないしされたくもないところです。

                      楽しかったのです。

                      そんなこんなで穏やかな日々の中、誰も知らない世界の隅っこでひっそりと、次にどんなお話を作れるかを考える時間も過ごしています。

                      プライベートが劇的に変化し、それによって私の内側で起こっているダイナミックな世界観の転換たるや。誰も知ったこっちゃない話ですけど、いやはやすさまじいものがあります。

                      凄惨なニュースに接して心が痛むのなど、これまでの比ではありません。関わる方々のことを思うと本当に涙が落ちることも少なくない。


                      昨夜はノンアルコールワインを開けて、チキンを焼いて、家族と共に心温まる映像(我が家では主にももクロちゃん関連映像を指す)を鑑賞していました。

                      この愛と平和に心から感謝して、絶えることがないように最大限の力を尽くすことを強く誓う気持ち。とかね。

                      何かしらの形をとった主張ではなくて、ひどく曖昧模糊とした、しかし確かで核心であるものを伝えられるところが、舞台演劇という媒体の魅力のように思うわけなのです。

                      今夜は実家で母の特製カレー。母の手料理を今夜食べられることだって何の保証もないことです。むしろ実のところ、保証はないととっくに言い切られてすら、いることです。

                      まあ、とにかく、そんな感じ。そろそろ実家到着なのでカレー食べます。じゃなきゃお腹と背中がくっついちゃうんだから。ではまた。
                      | 小叉ぴろこ | - | 19:43 | - | - | - | - |